沖縄アクティビティ案内所

沖縄の恩納村にある青の洞窟は、海が好きな人であれば一度は体験した方が良いスポットになります。海というといろんな不安が尽きませんが、沖縄青の洞窟であれば、その不安を払拭することができるツアーが数多くあります。家族はもちろんカップル、もちろん1人でも体験できるツアーがあります。神秘的な空間を実感してください。

青の洞窟とは

青の洞窟
半没した海にある洞窟で、限られている入口から入ることができます。太陽の光が海底を反射して照らし海中を照らすことから、海の青を神秘的な空間で見ることができます。太陽の光によってそう見えますので、陽が出ているときが絶好の機会になります。ツアーガイドが案内して、体験できるアクティビティになりますので、1人だけでは行くことができません。また海流や岩場などがあり、危険もあります。ツアーガイドの指示に従って行動するツアーになりますので、しっかりと指示を仰ぐ必要があります。とても素晴らしい風景になり、それを体験し、楽しむために必要なことです。ツアーガイドの指示に従って楽しむんでください。

プランによって見え方が違う

いろんなプランがあり、それによる沖縄青の洞窟の見え方は様々です。大きく分けて2通りの体験をすることができます。スキューバーダイビングとシュノーケルになります。どちらも体験してほしいですが、時間もありますのでひとつを選ぶことになるでしょう。まったく違った体験ができるのが、この場所の魅力のひとつになりますので、ツアーをよく検討して選ぶことをおすすめします。そして機会を見つけて、また沖縄青の洞窟に足を運び、今度は別の体験をすることをおすすめします。

ダイビング

よくスキューバーダイビングとシュノーケルを混合してしまいがちですが、まったく別のスポーツになります。ダイビングはレギュレーターという呼吸器気を付けることから、水中でも息ができます。よくライセンスが必要のように思われますが、体験プログラムによってダイビングを体験することが可能ですので、対象年齢10歳から参加可能です。このダイビングの魅力は、なんといっても水中から沖縄青の洞窟を楽しめる点です。水面から見る洞窟と、水中から見る洞窟の見え方はまったく異なります。神秘的なブルーを体感することができるでしょう。

シュノーケルでは

ダイビングは水の中を潜るスポーツですが、シュノーケルは水面散策という感覚を持ってください。水中メガネと息を吸うシュノーケルと足ヒレを付けて泳ぎます。ダイビングのような呼吸機器を付けずに散策することができますので、初心者であっても簡単です。また泳げない人は敬遠してしまいがちですが、ウェットスーツを着ていますので、溺れる心配もありません。またプロのガイドがしっかりついていますので、老若男女問わず安心して沖縄青の洞窟を楽しむことが可能です。ダイビングとは違った楽しみ方ができることから、多くの方に支持されている体験プランです。

いろんなプランがある

沖縄青の洞窟を楽しむための大きなプランはこのふたつになりますが、それに加えて様々なプランが数多くあります。どうしても海が苦手で泳げない人であっても万全を期したプランであったり、餌付けをして魚と一緒に泳ぐことができるプランもあります。プランによっても体験と見え方が異なるでしょう。

ため息ができるような場所が沖縄青の洞窟です。体験方法、そしてプランをよく吟味することが、このアクティビティを楽しめるコツです。

泳げなくても青の洞窟を楽しめる?

沖縄青の洞窟は、絶好のダイビングやシュノーケリングスポットとして人気があります。
泳げなくてもダイビングやシュノーケリングは可能ですが、それでも水が怖いという人や、女性であればメイクが落ちたり、髪が濡れてヘアセットが崩れるのが嫌という人もいるでしょう。
では海に入らず、青の洞窟を楽しむプランはあるのでしょうか?

ダイビングやシュノーケリング以外のプラン

沖縄

結論から先に言えば、海に入らず青の洞窟を楽しむプランはありません。
通常の海であれば、ボートやカヤックで楽しむという方法もあります。
しかし、青の洞窟に限っては、洞窟内はとても狭く、人がたくさんいるため、ボートもカヤックも禁止されています。
そのため洞窟内に入る手段としては、洞窟の手前までボートで行き、泳いで洞窟内に入る方法。

もしくは海に入らずに崖沿いの岩場を歩いて、洞窟付近まで辿りつく事は出来ます。
しかし青の洞窟を見るためには、海に入り壁沿いを伝って行かなければいけません。
そして洞窟内は、人が多いため一方通行となっているため、海に入らなければ洞窟を出る事が出来ません。
残念ですが、海に入らずに青の洞窟を楽しむ方法はないと言えるでしょう。

ですが、泳げなくてもダイビングやシュノーケリングを楽しむ事は可能です。
泳げない人は、泳ぎながら息継ぎが出来ない人が多いですよね。
しかしダイビングであれば、レギュレーターと呼ばれる呼吸器を使用するので、海の中でも自由に呼吸をする事が出来ます。

泳げないから沈んでしまうと不安に思うかもしれませんが、ウェットスーツを着るため、自然と海の中で身体は浮きます。
海の中を移動する場合も、インストラクターが手を取ってサポートしてくれるので、泳げなくてもダイビングやシュノーケリングを楽しむ事が十分に可能だと言えるでしょう。

パラセーリングとシーウォーカー

青の洞窟に場所を限定してしまうと、海に入らなければ楽しむ事は出来ません。
しかし沖縄の海に場所を広げれば、海に入らずに楽しむ方法はあります。
「パラセーリング」であれば、空から海を楽しむ事が出来ます。
波しぶきがかかる可能性はありますが、ほとんど濡れる事なく、上空から珊瑚やキレイな海の景色を堪能出来ます。

その他、「シーウォーカー」なら空中散歩なので、泳げなくても問題ありません。
そして専用のヘルメットを被って空中散歩をするので、メイクが落ちる心配もありません。

なので泳げなくても青の洞窟で楽しむか、水に濡れたくないから青の洞窟以外の海で濡れない方法で楽しむか、選択する必要があります。

更新情報

◆2017/05/17
沖縄アクティビティ案内所の情報を更新しました。
◆2016/01/18
青の洞窟はダイビングか?シュノーケルか?を新規投稿しました。
◆2016/01/17
青の洞窟だけではない沖縄の海の楽しみ方を新規投稿しました。
◆2016/01/16
沖縄でダイビングのライセンスを取るを新規投稿しました。
◆2016/01/15
家族で楽しむことができるツアーを新規投稿しました。