青の洞窟はダイビングか?シュノーケルか?

見渡す限りブルーの沖縄青の洞窟は、海好きだけではなく、旅行が好きな人にはぜひ見ておきたいアクティビティスポットです。その沖縄青の洞窟プランは大きく分けて2つのプランがあります。ダイビングプランとシュノーケルプランです。沖縄青の洞窟はどちらのプランの方が良いのか?気になるでしょう。

答えはどちらも良い

海中で呼吸をしながら沖縄の海と魚たちと触れ合うことができるダイビングと、海面を泳ぎながら沖縄の海を感じられるシュノーケルは、互いに違う見え方をしますので、どちらをおすすめできるものではありません。答えは、どちらも良いことになります。できれば両方とも体験してほしいプランですが、そうはいかないのが観光です。ダイビングとシュノーケルの違いをよく理解してからプランを選びましょう。

ダイビングにしかできないこと

ライセンスがなくても体験ダイビングで参加することができます。その場合必ず有資格者の同伴が必要になり、沖縄青の洞窟のプランはツアーガイドが付いてくれますので、安心して楽しむことができます。ダイビングは海中に入りますので、それだけ海の生物に近い距離で触れ合うことができます。岩場に隠れているクマノミを間近で見られる体験は、ダイビングにしかできない感動があります。10歳からであれば体験することが可能です。

シュノーケルのメリット

泳げない人であってもウェットスーツを着ますので、必ず浮かびますから安心してください。水中が苦手という人には、シュノーケルは受け皿になるでしょう。特別講習などもなく、簡単な説明を受けてから、海の中に入れることができます。海面から除く景色は、ダイビングでは味わえない体験です。また泳げない人であっても、ガイドが浮き輪を提供し、それを引っ張って連れて行ってくれますので、その点も心配する必要はありません。小さなお子さんであっても体験可能です。

それぞれにメリットがありますので、よく理解してプランを選んでください。

関連する記事