どの時期に訪れるのがオススメか

もし沖縄青の洞窟でダイビングを楽しむ場合、どの時期に訪れるのがオススメなのでしょうか。基本的に沖縄の海は暖かいので、その気になればどの時期でも潜ることは可能ですが、やはり少しでもベストな時期に潜りたいと思うことでしょう。

最も人気があるのは7月から8月

沖縄青の洞窟では、7月と8月が最も人気のある時期となっています。ちょうど夏休みシーズンというのもありますし、海水温も高く波もほとんどないことから、非常に潜りやすい環境となっています。ただ、どうしても7月と8月は混雑しやすい時期でもあるので、1時間以上待つことになったり、景色をじっくりと楽しむことも難しくなってしまいます。もしこの時期に潜りに行くのであれば、早朝や夕方など人の少ない時間に訪れるのがオススメとなっています。

春や秋の方がゆっくりと楽しめる

人が多い夏場よりも、春や秋の方が人もそこまで多くないので、ゆっくりとダイビングを楽しめるかもしれません。海の透明度もほとんど変わりませんし、この時期なら海水も十分に温かいですから、この時期に潜りに来るのもいいでしょう。ただ、春や秋でもゴールデンウィークや連休日には多くの人が訪れるので、その点には注意するようにしましょう。

冬場は風が強いので潜れる確率は低くなりますが

最後に冬場に関してですが、この時期は北風が強くなり波も高くなりやすいので、潜れる確率は低くなってしまいます。ただ、海水温は20度前後をキープしており、何より訪れる人が非常に少ないことから、もし潜ることができれば美しい景色を独占することができます。ガイドの人にもマンツーマンで指導してもらえるので、冬場にダイビングをするメリットも多いのです。

関連する記事