ダイビング、シュノーケリングのみが楽しめる沖縄青の洞窟

「青の洞窟」という言葉を耳にした人も多いかと思います。
これは海水の侵食によってできた洞窟で、洞窟内の水中や水面が太陽の光の反射によってさまざま青色に光り輝き、その光景は非常に神秘的です。
実は青の洞窟と呼ばれるところは世界各地にあり、日本でも北海道から石垣島まで数カ所に存在しているのです。

沖縄青の洞窟とは?

日本で最も人気が高い青の洞窟は「沖縄青の洞窟」でしょう。
沖縄はダイビング・シュノーケリングスポットが数多く点在する国内有数の好スポットですが、その中でも青の洞窟は県内でのマリンスポット人気の1、2を争うほどです。
またその光景の美しさだけでなく、サンゴの種類も多く人慣れした魚たちが豊富に生息していることもダイバーたちを惹きつけてやみません。
さらに那覇空港や那覇市内からクルマで約1時間で高速道路からも行きやすいなど、アクセスが非常に便利なのも人気の理由として挙げられます。

楽しむには海に入らなければならない

沖縄青の洞窟を楽しむためにはダイビングやシュノーケリングしか方法がありません。
というのも、洞窟内が非常に狭いのでボートやカヤックでのアプローチが禁止されているからです。
洞窟近くまで岩場を歩いて辿り着くことは可能ですが、洞窟内を見るにはやはり海に入らないわけにはいかないのです。

「でも泳げないなんだけど…」
そんな人もいることでしょう。
しかし青の洞窟にはさまざまなツアーがあるのでそれらを利用すればインストラクターがきちんと指導してくれたり手を取ってサポートしてくれるので安心です。

またダイビングというと免許が必要と思っている人も少なくないかと思いますが、体験ダイビングなら免許なしでもダイビングを楽しむことができます。
ツアーに参加すれば器材一式を借りられますから、沖縄に着いてから「ダイビングをしてみたい」と思い立ってからでも大丈夫ですよ。

関連する記事