青の洞窟ではマナーも気を付けて遊ぼう

あなたは、普段はマナーを意識していますか。会社や学校、地元だと家族や友達や仲間がいるから、やはりマナーも意識するでしょう。
しかし、つい旅行となるとテンションが上がってしまい、マナーがおろそかにもなりがちです。やはり旅行先でもマナーを守ることが大切です。

青の洞窟へ行くときには

沖縄も観光地として有名です。夏場は特に大勢の観光客が訪れます。そして沖縄の海を満喫する人も多いでしょう。
そんな沖縄の海を楽しむのに、ダイビングが最適です。

そのダイビングスポットとして青の洞窟があります。
青の洞窟を訪れる観光客も増えていますが、青の洞窟周辺でごみやタバコのぽい捨てや車でスピードを出しすぎなどする人もいるようです。確かに青の洞窟内ではなくても、そこにいくまでにもマナーを守ることも必要です。

ダイビングツアーでのマナーの悪さも

夏場になればたくさんのひとが青の洞窟へ入ります。複数のダイビングショップのツアーの客が入ることもあります。そのときに洞窟内で騒ぎまくるなんて人もいます。テンションが上がってでしょうが、周りにも人がいるので気を付けましょう。

また、ダイビングショップの指示や言うことを聞かないなんて人もいます。あと、遊んでいいところ以外の場所に行ってしまったり、時間を守らなくて戻りが遅れて次のツアー客に迷惑なんてこともあります。

そして、魚に勝手に餌をあげたり、魚たちを追いかけたり、払いのけたりなど、そこにいる生き物たちのためにならないことをするのもマナー違反となります。

マナーを守って楽しく

あと、水中写真など写真を撮ろうとしているのに横切ったり、また写真に入り込むのもマナー違反です。
周りが知らない人たちでも、気を使いましょう。青の洞窟内はもちろん、行き帰りもマナーを守って楽しく過ごしましょう。

関連する記事